100冊の本を読んだら何が起こったか・・・

 

今、100冊の本を読んだら
あなたにどんな変化が起こると思いますか?

今日は、
実際に100冊の本を読んで、
人生が変わった経験をされた
フォトリーディングインストラクターの
玉村一郎さんのお話です。

ーーーーーーーーーー

「100冊読んでも忘れたらなんにもならない」
「1冊の本をじっくり読解するほうが良い」

速読を批判して
このように言われることがあります。

しかしこれを語る人は間違いなく
本をたくさん読んだ人です。

日頃、本を読んでいない人は
もっと読まなければいけないのではないかと
不安な日々を送っています。

小学生の頃まったく本を読まなかった、

読めなかった私が、まさにそれでした。

成績劣等生で、いじめられっ子で
学校に行きたくなくて
毎日風邪をひきたいと願っていました。

それが中学二年生になったとき
友人のすすめで本を読み始めて夢中になり
数ヶ月で50冊読破しました。

ある日、国語の授業で先生が黒板に
<著しい>と書いて、
私に読めるか、と当てたんです。

「いちじるしいです」
と答えたら

「あら、読めちゃった」

前の試験で国語が0点だった私が
読めたので先生びっくりです。

痛快でした!

1年で100冊読んだ頃

弁論大会に出場して優勝しました。

生徒会長になりました。

成績はトップクラスになりました。

私は本を100冊読んだことで
人生が変わったのです。

第一に、自己肯定感が高まった。
読書ノートに読んだ本のタイトルと

ページ数と感想を書き、
それが溜まっていくたびに
自信がみなぎっていきました。

第二に、語りたくなった。
読んだ内容、読んで考えたことが
頭の中で踊りだし
出口を探し始めるんです。
勢い余って弁論大会出ちゃいました。

第三に、ステージが変わった
使う言葉、考える内容が変わると
付き合う人も変わります。
人脈が変わるとステージが変わり

私は生徒会長になりました。

 

そんな人生のステージの変化を
あなたにも経験していただけたらと思っています。

時代は大きな転換期に来ています。

100冊の本を読むことで
<読書の達人>となり
これまで人類が培ってきた叡智と
最先端の情報を活用する力を手に入れましょう。

ーーーーーーーーーー

 

あなたも100冊読書にチャレンジしてみませんか?

そして、フォトリーディングを学ぶと
100冊チャレンジのハードルがグッと下がります。

あなたも私たちと一緒に
フォトリーディングで100冊読書を行いましょう。