100冊読書で、あなたの働き方がガラリと変わる!

こんにちは、
国際マスターインストラクターの
石ヶ森久恵です。

あなたは
「仕事を変えたい」
「ステータスを変えたい」
「新しいスキルを身に着けたい」
という時、どんな手段を使いますか?

スクールに通う?
Youtubeやネットを検索する?

動画や音声で多くの人が有益な情報を発信しています。
最近では、ClubHouseでも様々な番組も出てきましたね。
問題は、時間と情報の量と質。
スクール、動画や音声視聴では
どうしても一定の時間が取られ、
時間単位で得られる情報量も限られてきます。
そして実際に視聴してみないと中身の質がわからない。

その点、読書を使えば、良質な情報を素早く得られます。

本屋さんに行って、
自分が知りたいジャンルの本棚の前で
興味を引くタイトルの本の目次を見て、
ついでに何ページかめくってみれば、
この本からどんな情報が得られそうか、
情報の質、深さがわかります。

専門家と呼ばれる人は
その専門ジャンルの本を100冊は読破している人
と言います。

あなたがご自身の専門分野で
100冊の専門書を読破し、それを駆使できたら
あなたの働き方にどんな違いが生まれるでしょうか?

実際それを【たった数ヶ月で】実現した人たちがいます。
その人たちに生まれた変化は…

・趣味だったことがお金をもらえるビジネスになった
・時間の使い方が変わり、副業ができるようになった
・仕事に関する情報を海外から収集し、高額成約できるようになった
・コロナなのに転職して、給料がアップして働くのが楽しくなった
・難関大学院に通り、仕事をしながら博士号が取れた
・問題解決に本を使えばすぐ答えがだせるようになった
・話が論理的になり、人が変わったようだ、と言われる

こんな風に、自分らしい働き方を見つけたり、
キャリアシフトを達成している人が、
日本で、中国で、次々生まれています。

「でも…
本を読むのは時間がかかるし、
難しい(めんどくさい)本もたくさんあるし…」

そうですね、
上に挙げた人たちも、最初はそうでした。
しかし、去年2冊しか読めなかった人が、
「3ヶ月で80冊読めた!夢のようなスピード!
それに内容を覚えていて、いつでも引きだせる。
おかげで好きな仕事に就けました」
と興奮気味にメッセージを送ってきました。

もし、あなたが今、副業を始めようとしていたり、
自分らしい働き方やキャリアシフトを考えているのであれば、
「100冊読書」にそれを達成するヒントがあります。

なぜ、100冊を読むことで、仕事に変化が起こるのか、
短期間で100冊読むためには何から始めれば良いのか、
という疑問に答える機会を設けました。

2021年4月12日(月)開催
『知識創造クイックスタート講座イントロダクション』
https://bit.ly/3wFUrLL
無料で参加いただけます。

あなたにお会いできるのを心より楽しみにしています。